a day in the gatela

主に趣味のギターにまつわる内容を書いています。コメントや質問等、お気軽にどうぞ。

最新と旧式

動画も写真もない日記です。

 

先日、エフェクターボードの製作に取り掛かるという内容をあげまして。手持ちのエフェクターを押し入れから引っ張り出しておるのです。

 

クライベイビー、MXRのアナログコーラス、デジテックのドロップが出て来ました。ボードの核にはflyrig5で行きます。

flirig5もワウもコーラスも、今では最新機種が出ています。そこで「買い換えようかな」なんて気持ちが出て来ます。

 

この感覚、数年前までカメラに没頭していた時に本当によく味わいました。レンズもカメラも最新が最高、欲しい時が買い時なんて言葉も仲間内では合言葉のようでした。

ただし、これまでの機材の価値が最新機種の登場で下がるかと問えば、答えは否なんですよね。今日までいい音を出していたエフェクターが、最新機種の登場で音が悪くなる訳ではない。壊れるまでは変わらずいい音を出し続けてくれる訳です。

 

ここに気がつくと、というか胸に刻むと取っ替え引っ替え買い替えをすることが無くなって創意工夫、腕を磨く。機材に頼らないで腕を磨くことに幾分か集中できると思います。

 

さて、そこで私はまず試作ボードを作ることにしました。初めはオーハイというストライモンのパワーサプライ、BOSSのチューナー等も揃えようと思っていたんですけど。ま、いつか買うかもしれませんが。買うでしょう、いつか。

 

試作はドロップ、flyrig5、MXRの10バンドイコライザーでやってみようと思います。ドロップを入れたのは私はフロイドローズタイプのギターも使いますし、なによりflyrigの前にはいつか何かしら置くだろう可能性が非常に高いので、1つ分のスペース確保という感じですね。

パワーサプライはマクソンの六千円くらいで買ったやつがあるのでひとまずそれで。これまでもそれでflyrigを動かしていましたし。

 

最低限からベターをゆっくり探すことにしました。言うほどライブも無いし、今のところベッドルームギタリストになっちゃってますから。

 

 

長瀬実夕とプリプリと


www.youtube.com

 

最近ラジオでプリンセスプリンセスの世界でいちばん熱い夏を聴きましたよ。そりゃもういい曲ですよね。40代のオジさんには思い出の曲です。

で、早速家に帰って動画を見てみたら、長瀬実夕さんという方がライブでこの曲を歌っているのを発見したんですね。

 

三脚にセットしているカメラの電源を入れて、一緒に弾いてみたのがこの動画です。細かいキメのとことかいい加減なのはご勘弁。あくまで遊びですから。

 

使用機材はepiphone japanのレスポールスペシャル。そこからTS-9、イリジウム、エルキャピ、ズルースカイといういつものストライモン3兄弟です。非常にシンプル。

このギターはフレットが細くて低いのでソロが弾きにくいんですけど、この曲にソロはない。そしていい音。個人的には家でこの音が出せれば十分ですね。

 

エルキャピはもう少し設定いじれば良かったな。まぁ、休日の余暇で、いつもより力を抜いていたので仕方ないか。

 

最近本当に思うのは歪ませすぎはダメってことですね。動画のギターの音、聴くとドライブ効いていてミュートしてリズムを刻む時にもズンズンした感じがするんですが、実際ギターだけで聴くとそこまで歪んでないんです。

少しタイトで地味くらいの方が、バンドサウンドで抜けてくるというか、気持ちよく聞こえて来ます。

 

 そしてこのステージには長瀬さん以外にも魅力的な女性ばかりです。ギターの方はエイタと紹介されていましたが、初めて見ました。若くて可愛いです。いつの動画か知りませんが。

そしてベースとドラムはプリプリの方ですね。個人的には中山さんでしたっけ、ギターの方が好きなんですがね。

若い頃に女性とバンドを組むことがなかったんですが、長瀬さんのようなボーカルと演奏できたら楽しいでしょうね。

 

ま、そんな休日でした。さて、コロンボ観てから練習しよう。

エフェクターボード構想

今日は動画の貼り付けもなく、完全な独り言です。

 

自宅のミニマムな録音に必要な機材は昨年1年間かけてなんとか整った。

strymon3兄弟のイリジウム、エルキャピ、ブルースカイの存在が大きい。3つとも机上に設置しており、足元はボリュームペダル、チューナー、ブースター×2で完結する。

 

今年はJC22を引っ張り出したこともあって、足元のエフェクターボードの作成に取り掛かることにした。

メインのプリアンプはTech21のFlyrig5、これにボード用のチューナー、ブースター、イコライザー、最終にボリュームペダルといきたい。

 

チューナーはバッファ兼ねてBOSSのtu-3w、ブースターに同じくBOSSのsd-1、ボリュームペダルはアーニーのローインピ辺りが購入候補か。

イコライザーはMXRの10バンドを活用する。Flyrigは便利で音は極上だけど、細かな設定が面倒くさいから、大まかに決めておいて会場やギターの差し替え時にはイコライザーで対応しようという訳です。ボリュームペダルはマスターボリュームですね。

 

ここまでですでにFlyrig5のコンパクト、これだけあれば、というコンセプトがどうでもよくなっちゃってる。だったらFlyrig5 v2か、とか。v2も良さそうなんだけどイコライザーとボリュームペダルは使いたい。

 

こういうのって考えてるうちが一番楽しいんですよね。

枯葉でセッション

まず、これは私の人生でのちょっとした恥ずかしいことであるから、言い訳であろうと細かく書いておく。

 

私の職場にプロのミュージシャンがチョクチョク訪れる。サックス、ドラムなどであってエレキナンチャラではない。で、ジャズやクラシックなど演奏してくれる訳であります。

ここの部分はフワッと理解してほしい。なんで音楽家が来てんの?なんで演奏してくれるの?というところは今回は省く。

 

で、そんな彼らに毎月しっかり演奏の場を設けて、私も一緒に楽しんでしまえと月1回で音楽サロンの企画を立て、見事4月から始まったということです。

事前のやりとりで「俺も最近ジャズを勉強中」「枯葉しかやったことない」などと会話しながら企画していると、なんとはなく「俺もギター弾くから」「枯葉、OK」などと口走っていた訳であります。

 

しかし、私の部署は3月で2名退職しその分の仕事が増え、事務仕事も係分掌の見直しで増え、正直ギターを弾く時間なんてない訳であります。おかげでyoutubeもこちらのブログも更新できず。

 

ピアノを習っていた頃1日サボれば自分が気づく、2日サボれば他人が気づくと言われました。1日のサボりを取り戻すのに3日かかるのは自分で実感しております。

2週間ぶりにいきなり初ジャズセッションで枯葉、、、、

 

それでは行ってみましょう、、、

www.youtube.com

 

中森明菜-DESIRE

www.youtube.com

 

中森明菜のDESIREを弾きました。

最近、なぜか80年代アイドルに傾倒しています。このブログでは繰り返しになりますが、自分があまり通ってこなかったジャンルでしてかなり新鮮さをもって聴くことができます。

 

そして、いい意味で音に隙間もあるので、私のように完コピを目指していない、遊びのあるギターを載せやすいとも感じています。ここ数年の音楽はかなり細かくいろんな音が入っていますから、1人で部屋で遊ぶ分にはいいんですけど動画にはしにくいですね。

 

いやぁ、明奈様かっこいいし可愛いですね。憧れの対象にもなったでしょう。遭遇しても近くに寄れず、数メートル離れたところから手を振るくらいが関の山でしょう。

 

この曲の冒頭と途中には何百回と聴いたガンズの曲のイントロを丸パクリして入れてみました。というのも、strymonのエルキャピスタンというディレイを導入いたしまして。初めての音出しでウェルカムトゥザジャングルを弾いたんです。まったく考えもしていなかったんですけどね。なんとなくディレイって言えば、みたいな。そこでこの曲にもムリヤリですが採用しました。

 

ギターはお気に入りのlespaul。少し重い音の曲を弾く時には高確率で採用します。どの音域もギュッと締まった感じがあって使いやすいし、なにより弾きやすい。よくレスポールは弾きにくいという意見を目にしますが、私には全く当てはまらないです。

ソロの時の高音へのアプローチがしにくいか?と問われても否。全然弾きにくくないですね。逆にストラトのボリュームの位置が苦手です。手に当たって。音は大好きですよ、ストラト

以前はメインでストラトを使ってましたが、1ボリューム1トーンに配線して本来ボリュームノブがあるところは何もない状態で使っていました。

 

今回も音の核となる部分はiridiumです。全体的にTS-9でブーストしていて、ソロとサビの1部でOD-1xも使ってます。

1発録りの後、若干DAW側で音を整えています。

松田聖子と夏の扉


松田聖子 夏の扉

 

この曲の世界観をきっちり出そうとしたら、やはり松田聖子しかできないんだろうなぁ。

というわけで今回は夏の扉を弾きました。

 

ここんとこよく思うのは、自分がオンタイムでは聴いてない邦楽っていいなぁって。前にあげた中山美穂もそうだけど、僕は世代からちょっとズレてます。80年代前半ってまだ幼稚園の頃だし。従姉妹のお姉さんが部屋にポスターを貼って、髪型を真似してたのを何気に見ていた頃です。

 

ポップス音楽としては完成されていたということ、バックの演奏レベルが高いことがこの頃のイケイケ(死語?)な時代と重なって、素晴らしい完成度の曲を、未熟な腕のギターで汚させていただきました。